【製作雑記】「ポッピングシャワー・パニッシュメント」14/11/08

2014/11/8

お久しぶりです、はとのす式製作所です。

なんとなくでいいので、はとのす式製作所のことを憶えておいていただけたら幸いです。
こちらは雑記となりますので、誤字脱字があったり、正確な情報ではない可能性があります。
ご留意ください。


本日は、弊サークルはとのす式製作所で冬に頒布予定の「ボクとも。」の「バイノーラルおまけCD」に収録される予定の音声を収録して参りました。
バイノーラル収録という楽しい技術に関しましては、前の記事をご参照ください。

はとのす式製作所のバイノーラル耳かき音声はこちら
「不思議っ子ちゃんと耳かき」

今回収録させていただいたのは、おっかない幼馴染こと「風路隣子」です。
image


内容はもうちょっと秘密にするつもりなのですが、くんずほぐれずではありません。
バイノーラル音声ではあるのですが、耳かきではありません。
ある意味変化球ではなく直球ものですので、ぜひ機会がございましたらお願いします!

収録は以前お世話になりました、「Voice Bloom様」にお願いしました。
今回もバイノーラル担当シナリオ担当のふたりでお邪魔したのですが、スムーズでスマートな収録をしていただきました。

恐ろしい風路隣子の声を演じてくださっている声優さんは、体験版に引き続き「西浦のどか様」です。
今回はいろいろな趣旨のセリフを収録させていただいたのですが、可愛らしさと怖さの両方そなわり最強に見えるようになっております。
セリフだけある状態ではひたすら険の強い少女(シナリオ担当の体感です)なのですが、声がつくと奥行きを持った情緒が表現されるので、声の力というものに感服せざるをえません。スゴイ!
隣子を好きだと言ってくださる方がいるのは、お声の力が大きいと再認識いたしました。

気になると思っていただけたのなら、

コミックマーケット87 三日目(火曜日) 西地区“か”ブロック-29ahttps://webcatalog.circle.ms/Circle/11606965/

までぜひぜひ足をお運びください!


さて、収録後はVoice Bloom福田様たちと、ファミリーレストランに向かいました。
バイノーラル担当とシナリオ担当はドリアをいただきましたが、このドリアに粉チーズとタバスコをかけると、とても高カロリーで貧乏人の味方のような食べ物が完成します。
口の中がぴりっとするのでドリンクバーも進みに進み、シナリオ担当のダイエットはもう成功しないだろうと、なにか確信めいたものを感じました。

今回もたくさんお話ができて楽しかったのですが、シナリオ担当の記憶は少し曖昧です。
たしか「レタスが安くなって嬉しい」という話は絶対にしたと思います。
ただそれ以上に強烈なことがあったせいで、どうもぼやけてしまっているのです。
会話は以下の通りです。


シナリオ担当「31アイスクリームに入るのって怖いですよね」
福田様「どうしてですか?」
シナリオ担当「えっ……怖いですよね?(常識だと思っていた事実を打ち破られて動揺)」
西浦様「他のお店はどうなんですか?」
シナリオ担当「スイパラとか、スターバックスとか、サブウェイも怖いです」
バイノーラル担当「なぜ?」
シナリオ担当「入ったら……女子高校生に笑われて……Twitterとかで晒されそうな気がするから……」



この後、皆様が可哀想なシナリオ担当を気遣ってくださり、重い背中を押されて31アイスクリームに向かいました。
シナリオ担当はおっかなびっくりで、汗をじんわりと全身にかいてヒートテックをひとつダメにしそうでした。
するとなんということでしょうか、白い照明は奥まで見渡せるほど炯々と輝いており、店員さんは天使とみまごうほど優しく、注文したアイスクリームはとろけ具合が絶妙で最高でした。

image


本当は100個は食べたいくらいですが、今日は小銭がピッタリ350円あったので、ひとつだけにしておきました。
これだけ美味しいものを食べたのだから、また明日から頑張れるだろうと思いました。

次のイベントは「COMITIA110」です。
ほ34a」ですので、お近くに来た際はぜひ足をお運びください。
持っていくのは「夏の体験版」だけだと思うのですが、もしかしたらご紹介できるものがあるかもしれません!
その機会がありましたら、ぜひよろしくお願いします!

それでは、読んでくださってありがとうございました。
失礼します。


1 / 11
はとのす式製作所

当サイトには成人向けのコンテンツが含まれております。
18歳未満の方、アダルトコンテンツに嫌悪感をお持ちの方は、閲覧をご遠慮ください。

あなたは18歳以上でアダルトコンテンツに興味がありますか?