【製作雑記】雨衣カノジョ:その4「仕様いろいろについて」

2016/7/31
タイトルサンプル

お久しぶりです、はとのす式製作所です。
c90が目と鼻の先になってきましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
弊サークルでは奇声や呻吟を漏らしながら作業を続けております。

さて、今回は「仕様いろいろについて」です。
ゲームの細かな仕様について、書いていこうと思います。

キャラクターの立ち絵はLive2Dで動きます

今回から新しいゲームエンジン「Unity」とADVアセット「」を使用させて頂き、Live2Dを用いてキャラクターの立ち絵を動かしています。

特設サイトのキャラクター紹介ページよりも、本編ではもうちょっと動きます)

ゲームを作り始める際、毎回メンバー全員が「今まで自分がやったことない何かに挑戦してみよう」という雰囲気になります。

なのでLive2Dもその一貫でとりあえずやってみるかと軽い気持ちだったのですが……思ったより大変な作業ですね。

しかしイラスト担当のこだわりと、Live2D担当の頑張りによって、想像より綺麗に仕上がっています!

何事もとにかくこだわるタイプのイラスト担当。

ただ、今回はスチル(一枚絵)などは動きません
そこまでやってみたかったのですが、今回は時間がなかったので断念しました。
手間を想像すると恐ろしいです……。

ちなみに、一枚絵はこんな感じの雰囲気です。

R-18シーンは開放式

今回からR-18シーンは開放式になりました。

特定のシーンを踏むと、スタート画面から飛べる「回想」などから確認できる仕様です。

途中まで従来と同じ組み込み型だったのですが、最後の最後に変更となりました。

良し悪しがあるものではありませんし、色々な要素が絡んだ結果であって、皆様好き嫌いあると思うのですが、最終的には
「朝チュンのほうがエロい……」「ウン……」という会話があったとかなかったとか。

R-18シーンは「通常」と「バイノーラル音声」の切り替え式

解放されたR-18シーンの音声は、二つから選ぶことができます。

このように今回の作品は試験的な要素も強いので、お好みの方を選択していただければと思います。

次回は「雨衣カノジョc90頒布内容+おまけ音声について」

仕様についてはこんな感じです。

次回は「雨衣カノジョc90頒布内容+おまけ音声について」書かせていただきます。
それでは、失礼します。

1 / 11
はとのす式製作所

当サイトには成人向けのコンテンツが含まれております。
18歳未満の方、アダルトコンテンツに嫌悪感をお持ちの方は、閲覧をご遠慮ください。

あなたは18歳以上でアダルトコンテンツに興味がありますか?